プロフィール

フォトアルバム
つくしマスター

大阪府和泉市出身のマスターです。食べることと音楽が好き!
「Eat&Beat~つながり~」を合言葉にEat「食」とBeat「胸を打つ」=「感動」から人とつながる、自分の好きなことや感動することドキドキわくわくすることを共有することで、笑顔に出会える。それを広げてゆこうって思ってます(笑)

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« るるぶ堺市に載りました! | メイン | 「週末限定商品」登場!! »

2010年12月 5日 (日)

焼レバーの真実。

みなさんご存知の焼肉店のメニューには

ほとんどある「焼レバー」taurus

ちょっと苦手って方も多いかと思いますwobbly
ほとんどの焼肉店の「焼レバー」は冷凍の輸入牛肉
使用しています。特に食べ放題など安価で利益商材
なのです。sign01

しかしその反面、お味の方はというとパサパサcatface
していてレバーの臭みが強くイマイチdown

つくしの「焼レバー」はなんと 「生レバー」と
同じレバーからとったものなんですsign03shine

どういうことかと申しますと「生レバー」を
作る時に食感のいい部分を「生レバー」にとります。happy01

そして、「生レバー」として使えなかった部分を
丁寧に包丁を入れやわらかい食感にして「焼レバー」
としてお出ししておりますheart02upwardright


お客様の反応は「今まで焼レバーは食べれなかったのに
ここのはおいしいわぁ」
との声を耳にしますflair

どこにでもあるメニューでもつくしのお肉は
さりげなく、ひと味違い感動を呼ぶことでしょうbell


しかし、冷凍輸入牛を使ってないので少量になります。
売り切れの祭はご容赦くださいませsweat01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/568647/28627669

焼レバーの真実。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

焼肉・冷麺 つくし のサービス一覧

焼肉・冷麺 つくし